· 

年次有給休暇の5日間付与義務

年次有給休暇の5日間付与義務、皆様大変ですね。

これは、10日以上有給休暇が与えられる人に対して、個人ごとに、5日間は、有給休暇を取らせなければならないという義務となります。

 

計画的付与と、時季指定付与の違いがお分かりにならない方のご相談が多くありますので、その違いをご紹介します。

 

まずは、計画的付与です。これは、会社側が、事前に年初に計画的に有給休暇を定めて、実施するものです。

 

よくあるのは、5月の連休の谷間や、夏休みの定休日との谷間、冬休みの前後の定休日との谷間を前もって一斉に有給休暇と指定して運用するものです。

(この指定して運用するということから、時季指定有給休暇との混同が生じています。)

あくまでも、事前に会社側が決定をするものです。

 

そのために、労使協定が必要となります。

 

もちろん、全社員一斉にする必要はなく、集団ごとや個人ごとに計画することも可能です。

 

これと異なって、時季指定有給というのは、

 

5日間の有給付与義務が発生したために、

 

有給取得の進まない社員を見つけたら、可能な限り本人の希望を聞いた上で、では、その希望日に休んでください。

といったように、時季を指定して、付与するものです。

 

会社側が一方的に、計画的に付与するものではないため、労使協定はいりません。

 

もちろん、口頭で、有給休暇取ってね。と言って、個々人が有給休暇を5日間取得すれば、

それで、義務を果たしたこととなります。